くだりたい雑記帳

だぶび

なぜか実習のことは書かない様にしていたこのブログですが、今日はちょっとタメになることを教わったので覚え書きです。完全自分本位な内容です。

まず初めに…自分は斜視の既往がありまして…間歇性外斜視というやつなんですが、それで一度手術してる訳です。それで現在12POY、最近角度の増大が気になっていたのです。それで病院の視能訓練士の方に検査、色々なアドバイスをして頂きました。


①輻湊訓練をすべし

術後の斜位の増悪は何らかの理由で外直筋が優位になっているのが主な原因なので、拮抗筋である内直筋を鍛えるために輻湊運動をすると良い。そう言えば昔から寄り目が苦手だったっけ。術後すぐにsynoptで何度も寄り目の練習をさせられたのはそういう目的があったのかと納得。

②2つの像を交互に見るべし

注意力が欠如したり、疲労が蓄積したりして斜位になった場合は、見えている2つの像を交互に見ると良い。これによって外れている眼が映し出す像を脳が認識しなくなる抑制を解除することが出来、無意識の内に斜位になる(斜視への移行)を防ぐことが出来る。「あ~だぶってんなー。」って思ったら焦ってorthoに戻さずに2つの像を見比べてみよう。


忙しい中時間を割いて頂いた訓練士の方、検査を頼んでくれた某先生、大変勉強になりました。本当にありがとうございました。reopeにならない様に精進します_(._.)_
[PR]
by kazukun0812 | 2009-06-10 22:04
<< presentation 蛇の目 >>