くだりたい雑記帳

<   2005年 09月 ( 29 )   > この月の画像一覧

えー

Yahoo!ニュース - 共同通信 - 凍結精子で出生、認知せず 東京地裁「著しく不自然」

そんなー、、、みたいな判決ですね。自然な生殖と著しく乖離しており、認知は社会的にも不相当なんて、生まれた子供に父親がいなくなってしまうことの方がよっぽど不自然だと思います。子供のDNA鑑定をすれば父親が誰になるのかは一目瞭然だし、そもそもこの様な場合に父子と認定出来ないのなら凍結精子自体禁止すべきではないのか。社会的にも不相当っていうのもいまいち意味が掴めなくて気持ち悪いですね。何より尊重すべきは生まれた子供の人生であって、検察の上告は勝訴を重ねたいだけな気がしてなりません。裁判に勝つことよりも大切なことを見失っていては人の道を外してしまうと思った。
[PR]
by kazukun0812 | 2005-09-29 20:44

ウサギ

薬理学の実習がありました。実習室に入ってみるとそこには可愛いウサギが・・・金属の筒に無理矢理入れられて麻酔をかけられるところでした。修士の人達が正中切開して大動脈のリング標本を取り出して様々な薬品を加えた時の大動脈の平滑筋の収縮、弛緩の様子を観察する実習でした。でも僕の班は何故かまたビリになってしまって・・・(+_+)一番速い班から2時間も遅れてしまいました(>_<)取り出された大動脈は一見蟹蒲鉾みたいで美味しそうでしたwただ血管を配っていた修士の人がドラマの様に白衣に返り血を浴びていたのが印象的でした。。。。。明後日が大変だー((+_+))
[PR]
by kazukun0812 | 2005-09-28 19:07

体育

体育の授業で剣道を履修している。なんとか道とつくもの(茶道、合気道、甲州街道etc...)が嫌いな僕がどうして剣道を履修したかというとそこには深い訳がある。

僕の大学では何故か体育に力を入れており学生はあらゆる分野のスポーツから履修科目を選択することが出来る。サッカー、野球ろいったポピュラーなものからトリム運動、インラインスケートといった珍しいものまでその種類は実に多岐に渡る。履修の前に全体オリエンテーションがあり自分の選択するスポーツを決定するのだが、その決め方はなんと

じゃんけん\(◎o◎)/

そしてそのじゃんけんに負けると希望の少ない怪しげなスポーツに送還されてしまうのだ。各スポーツには定員が決まっておりそれを超過すると恐怖のじゃんけんが執行される。僕の第一希望はサイクリング(自転車をこぐだけという楽すぎるスポーツ)だったのだが皆なかなかお目が高く人気で漏れる可能性があった。僕は柔道(受け身が出来ないので重傷必至)と水泳(息継ぎが出来ないので窒息必至)とマラソン(持久力がないので脾臓破裂必至)にだけはなりたくなかった。しかし生憎この3つはどれも人気がなく強制送還の可能性が拭いきれなかった。よって僕に残された選択肢はみんなが選らばなそうでなんとか耐えられそうなスポーツを選ぶという安全牌だけになってしまったのである。こうして僕は無事剣に落ち着いたのだがあの時の判断が正しかったのかどうかは未だに定かではない。。。
[PR]
by kazukun0812 | 2005-09-27 23:17

意思

Yahoo!ニュース - 読売新聞 - 難病ALS患者の意思伝達、判定装置「心語り」開発

ALSという疾患を御存じだろうか。ALSとは、英語名(Amyotrophic Lateral Sclerosis)の頭文字をとった略称で、日本語名は「筋萎縮性側索硬化症」といい、運動神経が障害されて筋肉が萎縮していく進行性の神経難病である。10万人に2~6人の発症割合の稀少難病で、残念ながら現在のところ原因も治療法もわかっていない。一般 に50歳前後で発病し、患者は全国で7千人程と言われている。全身の筋肉が衰え最後には人工呼吸器に頼らなくてはならなくなる恐ろしい病気である。その為患者は意思疎通を図ることも儘ならなくなるので、これまで僅かに動く筋肉に流れる微弱な電流を察知してパソコンのカーソルを動かしたり眼球の動きから意思を酌み取ったりする機械が開発されて来た。しかし病気が進行し意識的に筋肉を全く動かせなくなった時は意思伝達手段がなかったのである。この血流量測定の技術により更に患者と家族の負担が軽減することが期待される。

もし自分の意思が伝えられないとしたら・・・自分なら死を選んでいたかもしれない。だがALSの人達はその死という選択肢も選べずただ徒に生かされているのだろうか。最初僕にはそう思えてならなかったが、治ることはない難病であり将来の自分の展望がわかっていても病と闘いながら懸命に生きる患者の姿に人間の生きる強さを感じた。この機械の登場が少しでも患者と家族にとって明るい光となることを祈るばかりである。
[PR]
by kazukun0812 | 2005-09-26 19:02

スーパードクター

先日テレビで世界のスーパードクターを特集する特別番組を見た。予想していた通り脳外科医の福島先生や心臓外科医の渡邊先生など、世界を股に架けて活躍する医師が次々に紹介されていった。

そこで見ていて思ったことは、どうも外科医ばかりが脚光を浴びているということである。手足三本同時手術など通常では考えられない様な手術を成し遂げたり考案したりした外科医が賞賛されている気がする。勿論、僕はろくに休暇も取らずに患者を救い続けるこういった先生方を尊敬している。ただ、題目としてスーパードクターを選ぶならもっと他の分野にも目を向けてもいいのではないかと考えてしまう。確かに、困難な手術を成功させ腫瘍を取り除き患者を直接根治へ導くことの出来る外科医が取り上げられるのは仕方ないことかもしれない。しかし、執刀する外科医一人の力だけで患者の命は救われている訳ではない筈である。診断を下す内科医、手術前に麻酔をかける麻酔科医、メスを手渡す助手、看護師、ひいては病院の職員など数多くの人達の尽力によって医療は成り立っている筈なのに最後に執刀した外科医だけが取り沙汰されるのは僕としては戴けない。

また外科医に限らず呼吸器、循環、泌尿器、小児など夫々の分野に同じだけ情熱を注いでいる医師がいるであろうにその活躍が外科医の陰に隠れてしまうのは理不尽の一言に尽きる。別に外科医を忌み嫌っている訳ではないが世間に報道するのならもっと平等に医師を捉えて欲しいと思った。
[PR]
by kazukun0812 | 2005-09-25 03:02

ミュージックバトン♪

なにやらミュージックバトンというものが流行っているみたいなのでその流れに乗って♪
バトンはRubyさんに戴きました。

1. Total volume of music files on my computer
→コンピュータに入ってる音楽ファイルの容量
 とりあえず
 ・iTunes関係…4.00GB
 こんだけっすw

2. Song playing right now
→今ちょうど(=これを書きながら)聞いている曲
 何も聞いてません♪

3.The last CD I bought
→最後に買ったCD
 PS2ゲーム「塊魂」サウンドトラックの「塊フォルッテッシモ魂」です。ただのゲームのサントラだと思ったら侮るなかれ、担当しているのは信じられない位の豪華アーティスト!エンディングにはなんとあの松崎しげるが!流石ナムコとしか言い様がないですねw

4. Five songs(tunes) I listen to a lot,or that mean a lot to me
→よく聞く、または特別な思い入れのある5曲
5曲って少なすぎじゃですか…?という話は置いといて…
 1) "チェリー" (スピッツ)
   小学校の海浜学校で海辺を歩いてい時に友達が口ずさんでいた曲です。最初はなんとなく聞いていただけだったんですが最後には自分から教えてって懇願してしまいましたwなんか本能的に好きな感じです。あっこれの曲がカラオケので最初に歌った曲&十八番ですっ♪
 2)"ラストチャンス" (サムシングエルス)
   中学受験直前期に今は無き電波少年で企画されてリリースされた曲です。肝心の受験は・・・大失敗に終わってしまったのですが前向きな歌詞と爽やかなメロディーが気に入っています。辛い時はこの曲のテーマである恋愛を悩み事に置き換えてよく自分を励ましてました。
 3)"からっぽ" (ゆず)
   これも中学受験直前期に親に隠れてテレビでプロモを観てました。悔やまれる失恋の曲なんですが当時まだ小学生だった自分に意味が理解できていたかというと怪しいですねwでも曲調や声の張り具合から悲しい曲だってことはわかってたし好きになるのに理由なんて要らない筈だから良しとしましょう☆
 4)"此処でキスして" (椎名林檎)
   この曲も同じく受験期に聴いていたんですが、未だにどうして好きなのかわからないんですよねw椎名林檎の曲には一貫して難解な漢字が多いってのも影響してるんでしょうか(後日説明)でも独特のハスキーな声や艶やかな歌い方が好きなのかもしれませんw
 5)"WOR WAR TONIGHT" (H Jungle With †)
   ダウンタウンの浜ちゃんと小室哲也がコラボレーションして作った曲です。歌としては決して上手いとは言えないんですがそれでも一生懸命さが伝わって来て良いです。また何気ない日常生活の歌詞に共感出来る部分が多く、それでいて戦争反対という壮大なメッセージが籠められているのも魅力です。 
こんな感じです。やっぱり5曲は少なすぎですね。なのでまた勝手に紹介していきますw

5. Five people to whom I'm passing the baton 
→バトンを渡す5人
 5人って多くない?と思ったのでここは適当に一人だけでw
 Rinsletさん(五十音順)
 よろしくお願いします(^^♪
[PR]
by kazukun0812 | 2005-09-24 18:35

国勢調査

気持ちよく転寝しているとチャイムが鳴ったのでびっくりして玄関へ駆け寄ると真面目そうな女の人(最近行ってなかった手話サークルの会長にそっくりだったから尚びっくり)が立っていたので恐る恐る戸を開けてみるとなんのことはない国勢調査をしに来た市の職員の方だった。

よく考えてみるとなかなかいいネーミングセンスである。国の勢いを調査するなんて言われたら面倒くさがりな僕でも協力しようって気になってしまう。あ・・・でも僕が協力すると勢いが衰えちゃうなぁ~w内容は仕事をしているいないとか住んでる場所とか形式的なものばかりだけどこれだけの項目を集計している間に5年経って次の調査期間になってしまうのではないかと思ってしまう。よくわかんないけど集計している人に感謝です。
[PR]
by kazukun0812 | 2005-09-23 18:40

運動神経

運動神経が良いとか悪いとかよくいいますよね。同じ運動をしているだけなのにすぐ上達する人やいくらやっても進歩しない人がいたりまさに十人十色だと思います。医学的には運動神経という名前の神経はありません。ここでいう運動神経とは観念的なものであって正式名称ではないことを断っておきます。(詳しくは錐体路系と錐体外路系が関係しています)

新しいスポーツを始めた時などはそうしても動作がぎこちなくなってしまいます。でも何度も練習しているうちに段々スムーズになり最後には意識しなくても体が動く様になります。これは最初は試行錯誤して指令を出していた脳が一連の運動の流れを理解してセットで指令を出すことにより指令が筋肉に到達する時間が短くなった為です。この最初の指令は過去の記憶を呼び起こして作成されるので”運動神経が良い”というのはこの指令の原料となる運動を沢山経験し、記憶として持っているということになります。ただこの原料は乳幼児の時期に多く作成される為成長してからでは多少効率が悪くなってしまいます。

また、運動神経の良し悪しは遺伝するとよくいいますが運動が得意な親から生まれた子供は自然と親に連れ回されて様々な運動を体験することになり、運動が苦手な親から生まれた子供は同じく運動しないことが多くなるので環境の影響が大きいのです。遺伝が関係してくることといえば指令の形成速度などですがこれは努力で十分に補えるものなのです。だから自分は運動神経が悪いから、といって諦めずに練習あるのみ!って結果が医学的に導かれた訳ですね。運動が苦手な僕にとっては、明るいようで厳しい現実です(・_・)
[PR]
by kazukun0812 | 2005-09-21 20:05

ホラー

今日はB(以前登場)に勧められてホラー映画を観ます(+_+)はっきり言って全然楽しみじゃありません。自ら進んで怖くなって何が楽しいのか、無駄に寿命を縮めるだけのまさに愚の骨頂ともいうべき行為だと思えるのだが、それに参加しようとしている自分が情けない。映画を観る前に心霊体験を語り合ったりしているうちに鳥肌が立ってしまった。幽霊ってどんな感じだなんですかね?漫画みたいに足が無かったりするんでしょうか。意外に見た目は普通の人と変わらないって聞いたことありますけど、日頃見かける雑踏の中に幽霊が混じってたりするって考えるとぞっとします(゜o゜)

なんかこのブログ書いてるだけでも怖くなって来た(知らない内に僕も愚の骨頂!?)のでさっさとホラー映画観て寝ます。気が向いたら明日感想を・・・
[PR]
by kazukun0812 | 2005-09-21 01:34

QMA2

ここ一ヶ月、QMA2にはまっている。QMA2とはQuizMagicAcademy2の略で所謂ゲーセンによくあるオンラインゲームである。夏休みに帰省して高校の頃の友達と遊んでいて偶然勧められたのだが今ではその彼をも凌駕してしまっている。このQMA2、どんなゲームかというと様々なジャンル、形式のクイズが次々に出題されトーナメント形式で予選が行われていく。早く解答する程点数が高くなり、合計点の低い下位4名は敗退となる。またプレイヤー各人にはそれぞれ階級がありトーナメントでの成績によって経験値が与えられランクアップしていくシステムである。ちなみに僕は今日やっと賢者に昇進出来ました(^^♪

ぱっと見た感じクイズを出題する先生や解答する生徒のキャラクターがやや問題ありなのだがそれに反して出題される問題のレベルは滅法高いのが魅力である。特に学問のジャンルでは出題範囲がかなり専門的な分野まで網羅されていてなかなか唸らされるものがある。でもこののクイズの雰囲気通りアニメ・ゲームというジャンルがあるのだがこれには歯が立たない。~の主人公の妹の名前は?とか~の声優は誰?などと聞かれて誰がわかるものか、と思っていたら意外に正解者が多くてよく悩まされる。また、階級が高くなって来るとQMA2を窮めておられる方が現れるのにも困ってしまう。知らない問題が出題されるとデジカメでパシャリ&持参のデータベースの中から一瞬で答えを探し当て目にも止まらぬ速さで解答する。程度は違えど同じくはまっている僕が将来を憂うのは筋違いなのかなw
[PR]
by kazukun0812 | 2005-09-20 08:01