くだりたい雑記帳

<   2006年 06月 ( 13 )   > この月の画像一覧

不信任

なんだかなぁ。
[PR]
by kazukun0812 | 2006-06-30 23:09

255分&オーバーラッピング妄想

やった、試験終わった、やった。試験時間255分という意味不明な試験をなんとか乗り切り今に至る。結果については最早語るまい。ただ睡眠時間を削っての試験勉強で昨日風邪をひき具合が悪かったので帰ってから直ぐに寝て10時に起床、その後最近はまっていた医龍の最終回を見た。

んで見終わったらレジュメ飲みの二次会であるカラオケの話が来たんだけど既に風邪で声が枯れて歌どころではなかったので断腸の思いで断らざるを得なかった。ほんとは死ぬほど行きたかったのに。レジュメ班のみんな、次は必ず僕の美声に酔い痴れてくれ!(←気持ち悪い)ってことで試験終わったというのに精神的にかなり鬱なので得意の妄想に耽ります。

執刀医自分「みんな、用意はいいか。」

一同「はい。」

第二助手「先生、サージカルルーペがずれてます!」

自分「落ち着け、動じることはない。俺の頭がでかいだけだ。」

教授陣「思わぬ基本的な指摘に対しても常に冷静さを失わないなんて、なんて集中力だ・・・。」

ER教授「それが・・・物資も何もないNGOで培った平常心よ。」

執刀医自分「これより、新バチスタ手術を行う。だがその前に切らなければいけないカードがある。」

第一助手「カード?」

執刀医自分「この手術は長く辛いものになる。よって手術終了まで立ち続けていることは我々の下肢に想像以上の疲労を来たし手術の失敗に繋がりかねない。なので今回は皆が椅子に座った状態で手術を行う。」

教授陣「患者だけでなくチームである医療スタッフの状態管理も徹底している・・・。」

ER教授「ふっ、流石ね。」

執刀医自分「それでは冠動脈に沿った心筋の切開に入る。メス。」

機械出し「先生、メスが錆びてます!」

執刀医自分「心配ない。それは俺が予め袋から出して放置していたものだ。敢えて錆びさせることによって切れ味が悪くなり、不用意な切開を防ぐことが出来る。」

教授陣「なんと、自分の負担を軽減する為に機械の特性を利用するなんて・・・。」

ER教授(黙って含み笑い)

~手術は順調に経過~

執刀医自分「縫合終了。新バチスタは成功した。」

病院中から拍手喝采。

・・・・・・・・・・・・・・・・・先生、僕には外科医は無理です(・ω・)
[PR]
by kazukun0812 | 2006-06-29 23:17

ヘルペス

只今感染症の試験が終わって帰って来ました。ダイエット中だってのにあまりの出来の悪さに帰りにコンビニで買ったチョコレートを運ぶ手が止まりません。

ってか何ですかあの問題は。開始30分で終わったけど誰も出ないから暫く悩んでるフリして粘ってたけどいくら悩んでもわかりません。インフル?はぁ!?NAしか書けませんでしたとも。ヘルペス??はぁ!??ええ帯状疱疹しか書けませんでしたとも。そうですとも。記述は全て空想の世界です。

でも粘ったとはいえ結構早く出て来てさっさと帰っちゃったからみんなの出来がわからないのが怖い所。みんな出来てないって信じたいけど意外に出来てたりするからなあ。。。解剖でD取らない様にこれからまた集中です!って、その前に明日英語があった・・・orz
[PR]
by kazukun0812 | 2006-06-27 16:23

聞き込み

今朝の8時、徹夜明けで意識が朦朧とする中でチャイムが鳴った。

「すみませ~ん、茨城県警の者なんですが・・・」!?警察!!?僕ちゃん何も悪いことしてないですよ?まあ普段の素行は悪いですけれども^_^;って内心思ってたら玄関前に二人組みの刑事が立ってた。どういう訳だかトレンチコートは着てなかった。話を聞くとどうやら昨日の深夜2時半頃にお向かいのマンションに泥棒が入ったらしい。昨日の夜は何してたかとかアリバイ的なことや目撃情報などドラマ宛らなことから名前住所に至るまで色々訊かれた。

中でも「昨日寝たのは何時?」という問いに「2時40分くらいだと思います。」と答えたらめっちゃ茨城訛りで「犯行時刻と近けぇ~なぁ~。」と言って二人で顔を見合わせているのが面白かった。刑事に聞き込みされるのなんて初めてだし、あんなに質問攻めに遭うなら目撃証言なんてしない方がいいなって思ったりもした。

っていう聞き込みの現場を目撃しましたwww
[PR]
by kazukun0812 | 2006-06-22 18:59

着信拒否

試験が1週間後に迫りほんとは毎日勉強しないといけないのに、ってか毎日徹夜しても終わるか分からない位やばいのに、昨日2時~4時まで映画みちゃいました。月曜映画ってのがいっつも深夜にやってるんだけど昨日みたのは着信アリ。元来ホラー映画は大嫌いで全く興味がなかったんだけれどテレビつけたら丁度始まりのところであのなんともいえない雰囲気に呑まれて結局全部みてしまいました。御蔭で昨日も無勉。。。

内容はというとホラー嫌いの僕にとってはかなり怖い内容で鑑賞中に早速自分の番号着信拒否しました。あと誰かに恨まれない様に生きて行こうと思いました。あとうちにある飴玉も全て処分します。携帯電話を持ってない人はいないと言う程普及したこの世の中だから成立するこの映画だけどそれだけ恐怖が身近に感じられて怖かった。

ここからはネタバレだけど、最後のシーンって結局二人とも生きてるの?お姉ちゃんの幽霊が由実に乗り移って山本を刺して助かったけど途中のお姉ちゃんを助ける回想シーンみたいのは夢の中の話なんですかね?んで山本が助けてくれたから最後は殺さなかったってこと?ってことは最後まで由実にはお姉ちゃんが乗り移ったままってこと?それにしては運ばれた病院がもぬけの空って感じがしたんだけどなぁ。由実も山本もとっくに死んでいて最後は死後の世界を描写しただけって気もするし。真実が知りたいけどやっぱり怖いですw
[PR]
by kazukun0812 | 2006-06-20 15:49

揉め揉め

昨日はM2全体での解剖打ち上げの後てっきりカラオケに行くのかと思ったら行かないみたいなのでいつものメンバーでカラオケ→朝まで家でゲームという流れになり結局12時起床、起きてからも睡眠不足でぼーっとしていて勉強する気も起きず終日ネットサーフィンというなんとも廃人的な生活をしていたので書く事ないです。

ぁ、昨日の記事については色んな意見をコメントして戴き誠に有り難う御座います。皆さんの意見も踏まえてまた僕なりに考えてみようと思います。でも、昨日の記事は打ち上げ前に5分くらいでばーっと書き殴っただけのものなので全然纏まってないので、気持ちの整理も兼ねて今日改めて書いてみようと思います。

これより先は現在編集中。。。
[PR]
by kazukun0812 | 2006-06-17 23:37

揉め②

今日でやっと納棺が終わってホルマリンが染み込んだ白衣ともオサラバですヽ(^o^)丿

んで問題なのはその後ひっそり開かれた執行部決めの話し合い。ほんと人数が多いってのは大変なことで各人が其々違った事を考えててconsensusをとるのは難しい。でも結論を出す為には纏めなくちゃいけなくてそうすると必ず誰かが我慢しなくちゃいけない。皆が皆の意向を酌んで平等に物事が決められたらそれが一番だけどやっぱり現実と理想の狭間で苦しむのが落ちな気がする。肝心なのは現実を何処まで理想に近付けられるか、だ。

ここからは個人的な話になるので読み飛ばしてもOKです。正直なところ、いままで色んな人と話して自分でも悩んだ結果執行部には入りたいと思う。でも僕はあまり表立って指揮を執るタイプではないのでやるとしても2年間頑張る主将をサポートする副将とか主務とかそういったものだけど。勝手な思い込みかもしれないけど師匠(ここはもう決定だよね?)とは大学入って初めて話した人で考え方とかそういうのはわかってると自負してるし彼の卓球、医卓に対する気持ちを考えたら何とかして力になりたいって気持ちがある。ただ・・・

2年間という長い期間執行部として部活を引っ張って行くには執行部同士には緊密な連携が必須であって、且つ執行部の雰囲気は部活全体に反映されて部活の雰囲気を決定するといっても過言ではないと思う。だから、やるとなったら中途半端な気持ちではやりたくないし、逆にそんな精神状態では2年間という長期間は乗り切れないと思うのも確かだ。Sちゃんの言う通り仮に苦手な人がいたとしても現実を受け止め逆境の中で如何に打開策を見付けより良い方向に導いて行くかを模索するのが正論だとは思うけれど、現時点での僕には僕が入る事で気不味くなってそれが部活全体に響く様なら最初から僕は入らない方が皆の為だと考えてしまう。でも自分が入ったらもっと貢献出来るのに、助けられるのにという気持ちも負けていなくて凄く葛藤があって辛い状況にある。

執行部についてはアンケートで決めるみたいだ。いくら僕が心の中で何を思ってもこれだけの人数がいれば僕が嫌いな人もいるだろうし結果がどう転ぶかはわからない。ただその結果が出た段階でどう動くかは僕の成長如何に懸かっているのかもしれない。とにかく争いのない内に終わるのを祈るばかりだ。
[PR]
by kazukun0812 | 2006-06-16 18:17

最終試問!

今日は待ちに待った最終試問でした。まあ結果はともあれ終わりました。自分的には40点といったところでしょうか。うーんいつもの通り勉強が足りませんw

先生は中間とは違う先生で今回は前回みたいに緊張して手が震えたりはしなかったんだけど振られた箇所が悪かった。ここならわかるから振って振って!って思ってると振られず振るな振るなって思ってると振られて撃沈って場面が何回かあったけど完全にボロボロって訳じゃなかったから良しとしましょう。

明日の納棺を除いて解剖実習の全行程が終了した訳ですがここでの感想としては、毎日もっと勉強しとけばよかったってことですかね。普通の実習と違って入ってくる情報量が全然違う。最初体調崩して出れなかったから実習の時間が少なかったってこともあるけどまだまだ改善の余地はあった筈。

あとは全体的に楽しかったなあ。毎日一日中実習室に閉じ込められて大変といえば大変だったけどただ単に解剖して人体の構造を学ぶだけじゃなくて解剖学は発生学とか他の色んな学問とリンクしてて臨床的にも重要ってことが身をもってわかったのが収穫だったと思う。

3年だか4年だかの終わりに希望者だけでまた解剖実習が出来るみたいなんだけどどうしようか考え中です。その時は今回と違って教官はつかないけど好き勝手解剖していいらしくて春休みだから予定があったら行くかなぁ。
[PR]
by kazukun0812 | 2006-06-15 18:42

苛々

今日大学に入ってから初めて本気で憤りを露わにしてしまった。相手は実習の班員なんだけど相手を目の前にして今日ほどあからさまに怒ったことはないと思う。怒ってしまったのは自分の至らなさが原因だがあれだけのことをされたにしてはよく感情を抑えたと思う。

そういえば最近かなり苛々してる気がする。その班員の態度、言動の全てに嫌気がさして実習の度にストレスが溜まっていったのが今日零れてしまったのが直接の原因だろう。でもその他にも、部活の執行部決めや明日に控える最終試問に向けての毎日の勉強とそれによる睡眠不足、卓球の技術など悩める点が数多く存在し僕を苦しめている。

全くなんでこうすぐ機嫌が悪くなってしまうんだろう。元来争い事が大嫌いで何事も円く円く収めようと穏便にやり過ごそうとして来た自分にとって今日の出来事は衝撃的だった。これからますます重い責務を担うかもしれない今、精神的にもっと成長しなければならない。
[PR]
by kazukun0812 | 2006-06-14 18:50

スーパーサイヤ人

はいはいこんな時間に更新してるのは日曜だというのに午後6時起床してしまって勉強がやばいことになってるからであります。んで只今鼡径部の勉強中。

んでここで出て来たのが坐骨神経。ラテン語ではnervus ischiadicus、英語ではsciatic nerve。ここで誰かがsuper sciatic nerveって何?って言ってたのを思い出した。ん?supraだったら上って意味だけどsuperだから超?ってことは超坐骨神経!?

と思ったら・・・そのまま発音してスーパーサイアティック ナーヴ。「スーパーサイアティック」ってのは名詞「スーパーサイヤ人」の形容詞なので答えはスーパーサイヤ人の神経。そんあのありなのかーっ!!!

でも上手い事考えたよねwww
[PR]
by kazukun0812 | 2006-06-12 04:33